即断・即決・即行動できないといけないのか?

マインド
きなこもちさんによる写真ACからの写真

即断・即決・即行動=成功の条件!?

「成果を出す人は即断即決ができる」
「成果を出す人は考えるより先に行動している」
ということが成功哲学の一つとして世の中に広く浸透しています

確かに世の中で成功している人は、
決断がはやく、すぐに行動を起こしているなと思います。
私の知っている方の中でもこの傾向はかなり強い。

だからこそ私も即断即決して行動できるようにならないと!
と思っていました。

とはいえ、頭の中にいろんな不安や気がかりなことが出てきて、「よし決めた!」とはならないんですね。あとは、過去に即断即決してみて失敗したなあと思うことが頭をよぎってくるので・・・(T_T)

そんな時に、ある言葉をきっかけに少し考えが変わっていきました。

みんな即断・即決・即行動だったのか?

それは小早川隆景の言葉です。

・・・、誰それ?って思われましたか?^^;

小早川隆景は私が好きな戦国武将の一人です。
隆景はあの毛利元就の三男です。三本の矢の話の一人なんですよ!

あまり知名度の高くない隆景ですが、かなり有能な人で、豊臣秀吉や徳川家康から一目も二目も置かれていました。豊臣秀吉は五大老の一人にまでしていますからね。
(「信長の野望」での能力値もハイレベルでバランスとれています!)

そんな隆景が自分の決断の仕方について述べた言葉です。

「毎時我が心十分の思慮を尽くすゆえ、すでに決断しては、是も非も我が心に在る所の力ことごとく尽くすゆえに、後悔少なし」

十分に情報収集をして、問題点などを洗い出してよく考えてから決断する。そこまでし尽くしたゆえの決断なので、後悔することはほとんどない。と言っています。

小早川隆景ほどの人物でも即断即決ではなかったのだと思いまし、よくよく考えてみると、過去から現在に至るまでの成功者や偉人が、みんながみんな即断即決するタイプの人間ばかりでは絶対にない!

そして、なぜこんなに「即断・即決・即行動が成功の条件だ!」と言われているのかを考えてみると、セールスの影響が大きいのではないかと・・・。

なぜ、即断・即決・即行動が成功の条件と言われるのか!?

〇〇講座や〇〇塾のセミナーや説明会の最後に講座や塾の案内があって、「即断即決できる人、そして即行動できる人が成果を出せる人なので、今この場で申し込んだ人は○万円引きにします!」なんていうことはよくありますよね?あるんですよ。

多くのセミナーで、実際に成果をあげている講師の先生がこぞってそう言うんですから、どんどん「成果をあげる人=即断・即決・即行動」が広まっているのでは??

セールスの成功パターンが世の中の常識になったような・・・

これを踏まえたうえで、
今の私の考えは即断・即決・即行動しなくても、自分の目指しているところ(理想)にたどり着ければ良いんじゃないかということです。

一番こわいのは、即断即決、そして即行動できない自分はダメなやつだと自分を卑下してしまうことなので。自分を卑下してしまうと自信を失い、即断・即決・即行動どころか、今までできていた行動さえもできないようになっていってしまいます。

即断即決即行動を意識しすぎて自信を失っていくのは危険!

大切なのはゆっくりでも継続してやっていくことです。
私は即断即決即行動をしなくても良いとは思っていますが、それとただ単に行動への不安などで思考停止して、歩みを止めてしまうのは違います。一歩でも前に進みましょう。

即断・即決・即行動よりも目的地を

そして最も大切なのは、目的地がはっきりしてることです。

「道は開ける」などの書籍で有名なカーネギーが、
『話は目的のある航海であり、海図がなければならない。どこへ行くともなしに出発した者は、たいていどこにも行けない。』と言っています。
話を「人生」と置き換えるとより実感が湧くのではないでしょうか?

目的地がないと途中でどこに進んでよいのかわからなくなり、足が止まってしまうのです。目的地がはっきりしていれば、たとえ歩みが遅くても足が止まることはありません。

人生の目的地が決まっていれば、歩むスピードは自分で決めればいいんです。

まとめ

・即断・即決・即行動はセールスのための洗脳!?
・即断・即決・即行動にとらわれて自信を失うのは危険!
・ゆっくりでも良いので歩み続けることが大切
・歩みを止めないためには目的地が必要

コメント