TED「先延ばし屋の頭の中はどうなっているか?」要約

マインド

TED
「先延ばし屋の頭の中はどうなっているか?」の要約です。
ティム・アーバン

Inside the mind of a master procrastinator | Tim Urban
Visit to get our entire library of TED Talks, transcripts, translations, personalized talk recommendations and more. Tim Urban knows that proc...

要約

脳の中にはおサルがいる

先延ばし屋とそうではない人にはどんな違いがあるのか?
脳のMRIをとって比較してみた。

 

先延ばし屋ではない人の脳の中には、理性的意思決定者が1人存在している。
先延ばし屋の脳の中には、理性的意思決定者と「すぐにご褒美が欲しいおサルがいる」

私たちは、理性的意思決定者が脳の中にいるおかげで、他の動物にはない能力を与えられている。
それは、未来を想像し、大局を見ることができ、長期的計画を立てられること。

おサルと先延ばしとの関係は?

理性的決定権者は、すべてのことを考慮に入れ、今自分のなすべきことをやらせようとする。
そして、生産的なことを行うという理性的な判断するが、おサルはそれが気に入らない。

意思決定の舵を横取りして、
今からお菓子を食べよう、その後はYouTubeを見て、あっニュースも見ないと・・・
やることがいっぱいあるから、今日はもう余裕がない。

 

おサルが気にかけてるのは、今この瞬間のラクと楽しむことだけ。
過去の記憶や未来についての知識は持っていない。

おサルと理性的決定権者の対立が起こるとき

御飯の時や眠る時や余暇の時などは、おサルと意思決定者の意見が合うこと。

しかし、大局的に見て難しくてあまり楽しくないことをするべきときに、対立が生じる。

先延ばし屋の場合、いつも対立の結果、おサルが勝利し、ラクで楽しいことに時間を使うことになる。これを「暗黒の遊び場」と呼ぶ。

 

暗黒の遊び場での楽しみは、実際に楽しいことではなく、
罪悪感、恐れ、不安、自己嫌悪といったおなじみの先延ばしの感覚に満ちている。

先延ばし屋が重要ななすべきことを行う場所に移れるときとは?

先延ばし屋がなすべきことに行う場所に行けるのは、パニックモンスターが目覚めたとき。

パニックモンスターはほとんどの場合眠っているが、締め切りが近いとき、面目を失いそうなとき、職業上の危機など、恐ろしい結末が近づくと、突然目を覚ます。

 

パニックモンスターが目覚めると、おサルは木の上に逃げていくので、理性的意思決定者が舵を取れるようになる。

 

そうすると、それまでまったく手つかずの課題に、驚異的なスピードと作業量で取り組めるようになる。

 

理想的ではないにしろ、最終的には先延ばし屋のシステムが機能してくれる

 

しかし、多くの人がおおサルの行動に迷惑を受けていると悩んでいるのは、このシステムが機能しない場合である。

2種類の先延ばし

先延ばしには2つの種類がある。

1つは締め切りがあるとき
もう1つは締め切りがないとき

 

締め切りがないときの例:

個人事業家や芸術家、起業的な仕事をしている人で、仕事を獲得していないとき。

 

日常生活で、離れて暮らしている家族に会う、健康のために運動をする、今までとは違う人間関係を築くなど。

 

これら締め切りがないときは、パニックモンスターが現れないので、いつまでも先延ばしし続けることになる

 

そして、このような長期的な類の先延ばしは、長期的で大きな不幸や後悔の源となる
長期的な先延ばしは、自分の人生に対して傍観者のように感じてしまう。

 

多くの人の苛立ちは夢を実現できないことではなく、夢を追いかけ始めることさえできずにいることである。

 

私たちは、多かれ少なかれ全員が先延ばし屋である。
人生は決して長いわけではないことを意識すべき。「今日あなたが、始めるべき仕事はなんでしょうか?」

まとめ

・私たちは全員が先延ばし屋である。(ラク&楽しいに流される)
・頭の中のおサルが舵を取ることで、暗黒の遊び場に行ってしまう。
・締め切りがあるときは、パニックモンスターが現れてくれるが、締め切りがないときはパニックモンスターは現れない。
・長期的な類の先延ばしは、大きな不幸や後悔の源となるので、人生の長さを意識するが必要。

感想など

私自身、夏休みの宿題は残り1週間くらいで詰め込んでやっていたタイプなので、非常に興味深く視聴しました。

 

長期的な類の先延ばしというのは、「7つの習慣」で言うところの第二象限(重要だけれども、緊急性は低いこと)に属することですね。

 

第二象限のことをやろうとするには、人生全体の時間を意識するしかないということです。

 

その意識を持つためには、ただ漠然と今のままの延長線上にある未来に向かって進んでいくのではなく、人生のライフミッションを見つけ、人生のビジョン(未来)に向かっていくことが必要だなとあらためて強く感じることができました。

 

未来を想像し、大局を見ることができ、長期的計画を立てられるという人間だけに与えられた能力を使わない手はありません。