落ち込んだときに私がやるたった1つのこと

マインド
FineGraphicsさんによる写真ACからの写真

いろんなことで落ち込む私たち

 

とある女性誌での「どんなときに落ち込みやすいですか?」というアンケート結果

1位 仕事で失敗したとき
2位 知らないうちに誰かを傷つけてしまったとき
3位 彼氏と喧嘩をしたとき

 

その他、自分が孤独だと感じたとき、経済的に余裕がないときなどが、少数意見として掲載されていました。

 

私も落ち込むことが一番多いのは、1位の「仕事で失敗したとき」ですかね。失敗もそうですし、なかなか思ったように進捗しないと落ち込みやすいです。

 

この企画の中で、「自分自身はよく落ち込むほうだと思いますか?」とい質問には、71%の人が「はい」と回答しています。

 

多くの人は、自分が落ち込みやすい方だと認識しているんですね。あなたはどうですか?

 

では、皆さん落ち込んだときはどう対処しているんでしょうか?

 

落ち込んだときにやるべき対処法は様々

 

落ち込んだときにやるべき対処法として、色んな方が様々な方法を紹介されています。その中で実際に私がやったことがある方法を紹介します。

 

1.寝る
寝ることで思考回路をリセットして、落ち込んだことを忘れてしまう作戦です。

これはわからなくないですし、悩むと疲れてしまうので眠くもなりやすいですしね。忘れることもあれば、忘れないほど強烈なこともあります^^;

 

2.飲みに行く
これは一時期よくやっていました。少量で終わるのならいいですが、どうしても落ち込んだときを飲み過ぎてしまうものです^^;

飲み過ぎてしまうと、酔いが冷めた後、うつ状態になってしまうので、逆効果の可能性があります。お酒が弱い人は特に。

 

3.誰かに話を聞いてもらう
誰かに話しを聞いてもらうだけで、スッキリするという方は多いですね。

私の場合は、声に出して話すことで、余計に自分の中で反芻してしまって落ち込みが強化された気がします。

あと、聞いてもらう相手に迷惑かなと・・・。

 

4.紙に書き出す
落ち込んでいる理由や、今の感情を紙に書き出します。これはなかなか良いです。

いったん紙に書き出すことで、客観的になることができます。ただ、メモやノートが常に必要なのが玉にキズ。

スマホでも良いんでしょうが、手書きのほうがその時の思いが字に表れて良いなと思います。

 

5.落ち込んでいる自分を認めてあげる、肯定してあげる
無理やりポジティブに持っていこうとすると、落ち込んでいる自分を否定することになり、二重苦を与えてしまいます。

ですので、落ち込んでいる自分を受け入れてあげようということです。これは、わかるんですけど難しい^^;

今はけっこう「あ~、落ち込んでる仕方ないな」と思えますが、そう思えるまでにはかなりの時間を要しました。

 

インターネット上では、もっともっとたくさんの対処法が紹介されていますが、私的には「4.の紙に書く」が、誰でもできて効果が出やすいので良いかなと思いますが、最近私がやっていることがあります。

 

落ち込んだときに最近私がやっていること

 

最近私がやっていることは、

 

物語の主人公になること。

 

何を言ってるんだ?と思われたかもしれません。

 

どういうことをしているかと言うと、頭の中でいったん底まで落ち込んで、そこから V 字回復をした自分の物語を作ってイメージしてします。

 

そうすることで、自分は最悪の状態になったとしても、立ち上がれる、立ち上がれたというイメージを持つことができるので、落ち込んでるけど大丈夫すぐに復活できるという気持ちになれます。

 

これはこちらの記事でお話した、底まで落とされるスパルタコーチングからヒントを得て、自分なりにやってみたところ、思いの外効果が感じられました。

※あくまでも個人の感想です(笑)

落ち込みやすい人は底を味わおう
些細な出来事から落ち込む性格 私はメンタルが弱くて落ち込みやすく、なにかしらネガティブな出来事が起こると、それ自体は些細な出来事にも関わらず、どんどん昔の嫌だったこと辛かったことを思い出し、自分で自分の傷口に塩を塗るようなことをよくやって...

 

もし、あなたが落ち込んでいたり、落ち込むことがあれば、ぜひ、あなた自身の物語を描いてみてください。

 

まとめ

 

落ち込んだときは、自分が主役のV字回復の物語を作ろう。

コメント