副業を始める前に必ずチェックしておくべきメリット・デメリット

副業
oldtakasuさんによる写真ACからの写真

副業を始める前に事前チェックを忘れずに

副業を始める前は「よしやるぞ!」という気持ちが強く、意外と時間や体力を使うといったわかりやすいデメリットには目が行かないことがあります。

 

そして、副業をやり始めてしばらくたってからそのデメリットが表面化し、挫折してしまう原因にもなりかねませんので、もう一度副業に関するメリットとデメリットをぜひとも、確認をしておいてくださいね。

 

副業のメリット

 

給与とは別の収入源が作れる

おそらく多くの方の一番の目的はこれでしょう。定年の延長、年金制度改革、終身雇用の終焉、そして今回のコロナ禍のような未曾有の事態に備えるために、複数の収入源を持つことは今後必須になっていきます。

 

スキルアップできる

どんな副業を選択するにしても、ビジネスとして行う中でスキルアップにつながっていきますし、場合によっては本業にも還元できます。さらには、起業という道も見えてくるかもしれません。

 

会社にコントロールされない人生が歩める

副業で収入を得られれば、会社に人生をコントロールされにくくなります。例えば、遠方への転勤を打診された時などに、会社の指示に従わざるを得ないでしょうし、拒否をして最悪会社を辞めるとなった時には不安が大きい。

副業があれば、辞めてもある程度収入があるという安心感がありますので、選択に余裕を持つことができます。

 

会社を辞めずにすむ

結婚や子どもの誕生によってより多くの収入が必要となることがあります。

その場合、人間関係や職場環境は良いけど、給与が安くて辞めざるを得ないという人もいます。副業で収入があれば、辞めたくない会社を辞めずにすみます。

 

人生への波及効果が計り知れない

複数の収入源があるという安心感や、独力で稼げるという自信が、人生に大きな波及効果をもたらしてくれます。
老後や子供の教育資金に対する不安が軽減されるので、心にゆとりが生まれ、穏やかに日常を過ごせる時間が増えます。

 

会社の看板ではなく、自分の名前でお金が稼げるようになると、大きな自信が生まれてきます。自信を持つことができれば、より大きな成功へとつながっていきます。

 

副業のデメリット

 

時間が必要

これは皆さん認識されていることですが、本業以外の時間に副業をやることになりますので、平日の終業後や休日の自分の時間や家族との時間がなくなります。

 

体力が必要

これも時間と同様に皆さん認識されていることです。本業プラス副業ということになると、体力も必要になります。オーバーワークになってしまい、体調を崩す危険性があるので、体調管理には特に注意を払う必要があります。

 

お金が必要

どういった副業を選択するのかにもよりもますが、何をやるにしても多少の投資は必要となってきます。

 

自分が最高責任者となる

顧客や協業相手や企業に対する全ての責任を自分が負うようになります。最悪の場合は、訴訟などにも発展することがあるので、あらゆることに責任者である自覚を持って取り組むことが必要になってきます。

また、仕事を受注して納品をしたのにも関わらずお金をもらえなかったといったケースもあります。このようなケースも、すべて自分で対応しなければなりませんので、注意してください。

 

法的リスク(副業禁止の場合や税金)

本業でお勤めの会社の就業規則や方針によりますが、副業を禁止している企業にお勤めのの場合は、副業が発覚すれば懲戒処分を受ける可能性があります。SNSなどで発覚するほか、住民税の納付などで発覚する可能性があります。

最低限の税金の知識を持っていないと、知らずに脱税の罪を犯してしまう可能性がありますので、注意が必要です。

 

いかがでしたでしょうか?デメリットとして見落とされていた項目はありませんでしたでしょうか。

デメリットもしっかりと確認したうえで副業準備を始めてくださいね。

 

まとめ

 

副業にはデメリットがあることをチェックしておきましょう。
デメリットを認識し、対応可能であれば副業はぜひともやるべき。