TED「笑みの隠れた力」要約

TED

TED
「笑みの隠れた力」の要約です。

ロン・ガットマン

The hidden power of smiling | Ron Gutman

要約

 

笑顔で長寿

 

UCバークレーが行なった30年間に渡る研究では、卒業アルバムの写真の笑顔を測定することで、対象者の結婚に対する満足度や結婚期間、対象者の充足度や、彼らの他人に対する 駆り立てる力を予測することができました 。

 

他にも、ウェイン州立大学が2010年に行なった研究で、1950年代以前のメジャーリーグのプロ野球カードを、選手が微笑んでいた期間をベースに調査した結果、

 

その選手の寿命を予想できることがわかりました。笑顔ではない選手の平均寿命は、72.9歳だったのに対し、輝くような笑みを浮かべていた選手の平均寿命は 約80歳でした。

 

1日に20回以上微笑む人は、一般的に全体の3分の1以上いるのですが、微笑むのは5回以下という人も14%以下の割合でいます。

なんと、子どもが見せる笑顔の回数は、1日に400回にも上ります。

 

笑顔が絶えない子どもがそばにいると、自分まで笑顔になる回数が増える理由を考えたことはありますか?

 

笑顔は伝播する

スウェーデンのウプサラ大学では、笑顔の人を見ながら、しかめっ面をするのは困難という研究結果が出ています。

 

なぜなら、笑顔は進化的に見て伝染するもので、顔の筋肉のコントロールを抑えてしまうからです。

 

笑顔はあらゆる面で幸福をもたらす

ダーウィンは、笑顔とは、気分が良いときの結果であるだけではなく、微笑むという行為自体が、気持ちを上向きにさせるという理論を残しました。

 

それに関連したドイツでの研究で、fMRIスキャンを使って、笑顔の筋肉を抑えるボトックス注射をする前と後に脳の活動を測ったところ、

 

ダーウィンの理論を裏づける結果が出ました。微笑むと、気分が良くなることがわかったのです。笑みは脳の報酬メカニズムを刺激します。

 

喜びの誘発因子だと考えられているチョコレート以上。

 

イギリスの研究者によれば、笑顔一つで、チョコバー2千個分に相当する脳への刺激が生じるそうです。

 

明らかになったのはそれだけではなく、笑みは現金1万6千ポンドを受け取るのと同じ刺激があるそうです。(1万6千ポンド=約212万円)

 

笑顔でいることが多ければ、さらに健康になれます。

 

笑顔は、コルチゾールやアドレナリン、ドーパミンなどストレスホルモンを減少させ、エンドルフィンのような幸せホルモンを分泌し、血圧を下げる働きがあります

 

さらに、笑顔の人は他者への印象が良くなります。
ペンシルベニア州立大学の研究では、笑顔でいると他者に好感を与え、親切に見えるだけではなく、能力がある人に映るという結果が出ました。

 

長生きをして、健康で幸せな人生を送りたい。そのように思うことがあったら、笑顔になりましょう。

まとめ

・印象を良くして、能力がある人に見られたい。
・ストレスを軽減したい。
・結婚生活を向上させたい。
・カロリーを気にせず、高質のチョコを食べた気持ちになりたい。
・大金を得た気分を味わいたい。
・健康になりたい。
・長生きをしたい。
・幸せな人生を送りたい。

このように思うのであれば、笑顔になる。

感想など

ここ最近、事務所で一人きりでいることも多いので、笑顔になる回数が減りがちです。ガチで、微笑む回数5回以下の14%に入れそうです^^;
鏡の前で笑顔になろうと思います。

 

今日から県外への移動自粛が解除されていますが、人の動きが活発化し、世の中に笑顔が増えればいいですね。最大限の警戒はしながらですが。

コメント